なごみ習慣改善塾の4つの手法

なごみ習慣改善塾では【心理手法×脳の仕組み×自律神経調整×食事術】を用い、無意識に習慣を改善するサポートをしていきます。


なごみ習慣改善塾
~心理手法~

新しい記憶を作り出す【3つの簡単な質問】とは!!

難しい心理カウンセリングは、心の傷をまたさらに大きくすることさえあります。

それは過去を根掘り葉掘り聞くからです。

人は過去のことを変えたいのではなく、これからの未来を変えようとしているのです。

その未来を変えるのに、今を変える必要があるわけです。

過去に遡ってカウンセリングするより、今現在自分の感情が整わないことにだけ焦点を絞り、その感情を整えることをすればいいわけです。

それには

簡単な質問をすれば

自分が無意識に書き込んだ
自分への禁止事項を
すぐに引き出す事ができます。

これは脳の仕組みを用いており、ある特殊な質問方法を用いることによって脳はその内容を嫌でも引き出してくれます。

カウンセリングはカウンセラーがそれを引き出す役割を担っており、カウンセリングをされた方がその理由を知る必要はありません。

カウンセリングを受けた人が質問に対して無意識に答えが出たらそれで変化が起き始めます。

大切なのは未来を変えていくことです。


なごみ習慣改善塾
~自律神経整体~

体が教えてくれる自律神経整体とは!!

なごみ習慣改善塾では自律神経整体を取り入れています。

自律神経整体って何?
そう思われる方が多いのではないでしょうか。

自律神経とは自分の意思では変えることのできないもの。

例えば、自分の内臓をコントロールすることはできませんね。

その自律神経は脳に「ある方法」でタッチすることで調整することが可能なのです。

全ての指令は脳から出ています。

そしてその指令は神経、筋肉などをつかって体を動かします。

人は言葉では嘘をつけますが、

体の症状や体では嘘をつけません。

その体の調子を整えるのが自律神経整体です。

カウンセリングだけではうまくいかない時にこの自律神経整体を行います。

脳に調節アプローチをかけるため、クライアントさんの負担は減るうえ、改善の変化が加速します。

ちなみにこの自律神経を整えることで体調の変化が加速します。


なごみ習慣改善塾
~食事術とは~

驚異の食事術があなたの脳を書き換える!!

なごみ習慣改善塾では【料理】を取り入れています。

なぜ料理なのか?

料理を作る工程は目標達成そのものです。

食べるものを決め
それを作る材料
作り方、必要な道具
レシピなど様々なものを集め

正しい順番で正しい方法で作り上げれば

目的の食事が作れます。

これは人生においても同じプロセスが組まれています。

人間の脳はイメージを現実化します。

そしてその際それを行動に移すプロセスが必要です。

それが簡潔にできるのが料理なのです。
イメージしたものを行動に移さないと料理はできません。

そして料理の一番凄いところは、人間の3大欲求の一つの食欲を満たすものであり、また食事は体を作るわけです。

脳も体です。

食事をおろそかにすれば思考も整わなくなります。

そして、人生で最も大切なことは続けないと何事も成し遂げることができません。

食事という欲求を使うことで頑張らなくても

それを習慣化することができます。

さらに
人間の脳は非現実的なことではなく、

日常の変化によって未来が変わります。

●今までやっていたことを続けていれば何も変化しません。
●逆に今までと違うことをすれば、変化が起こるわけです。

脳は変化を目で見て判断しています。料理方法を少し変えるだけで今までの固定概念は全く変わります。

その変化を脳は見逃しません。

なごみ習慣改善塾では、日常の苦痛である食事の支度が楽になるストレスフリーな調理法を使用し、脳の書き換えをサポートします。

今まで心理学や思考だけでどうにかしようとしていたことが、

料理を用いることで『変化させる思考の習慣』が出来上がり、改善を加速させることができます。


なごみ習慣改善塾
~脳の仕組み~

脳に使われるのではなく【脳を使いこなそう!!】

なごみ習慣改善塾では

脳の仕組みを

取り入れています。

なぜ脳なのか?

脳は、記憶を基に人間を動かします。

あなたは過去の記憶で行動していることご存知ですか?

自分がいくらやろうとしてもできないこと

いくらやめようとしてもできないこと

それは

過去の記憶

それを止めるわけです。

あなたが優柔不断なわけでもなければ、情けない人なわけでもないのです。でもそのことに気づかなければ、いつになっても解決しません。

脳は自分のいいように解釈します。

ですから、いかようにも自分が一番いいように解釈してしまうので、過去に「それをしてはいけない」という記憶をもし作っていれば、あなたはいつになっても「行動が起こせない!」そんな人になってしまいます。

でも脳の仕組みを知れば、脳に使われることなく,脳を自由に使いこなせるようになるのです。

しかし、

脳は変化を嫌います。

今の現状を保とうとする仕組みです。

なぜか?

それは、
もし脳が色々な要素を全て受け入れてしまったとしたら、
誰かと会話しただけで脳が変化してしまう為、
毎日人格が変わってしまうことになるからです。
 

いい意味では習慣がつきにくいことも大切なんです。

でも一度ついた悪玉習慣が変わりにくいのが難点です。

しかし脳の仕組みであり、特性でもある『脳はゆっくりな変化に気づきにくい』という部分を用いることで、脳を変化させることができます。

なごみ習慣改善塾ではこの仕組みを使うのに、料理を用います。

変化をさせるには脳を騙す必要があるのです。料理を使うことで3000人以上の方の習慣を無理なく変化させることができています。

あなたも是非この体験してみませんか?